防犯カメラ・盗聴器の総合情報サイトです。

防犯カメラ・盗聴器.net タイトル

盗聴器とは

みなさん盗聴器ってご存じでしょうか?よくドラマや探偵の番組なんかを見え居ると耳にすることが多いと思います。一般的には盗聴器というのは盗聴器を仕掛け(音声を拾って発信する機器)と、その盗聴器から発信された会話を傍受する機器が必要となってきます。ドラマの中であるような盗聴器や、いわゆるプロ用の盗聴器などもげんざいではインターネット上にて誰でも購入することが出来ます。価格も、会話を発信する側の盗聴器と受信する側の機器を合わせても5万円もあればすぐに購入することが出来ます。いわゆるプロ用の盗聴器も10万円ほどあればかなり高性能な盗聴器が存在しています。また、鉄筋制の厚いコンクリートから伝わる会話を増幅して簡単に盗聴できるなど、盗聴器機の発達はめまぐるしいものがあります。しかしいずれも盗聴できる距離が制限されています。これは人為的にそう決めているのではなくて、技術的な問題で制限されています。最大距離でおおよそ400メートル程度です。しかしこれは高性能の受信機での性能なのでお値段はそれなりにしますし、手軽な価格帯で行くと25000円くらいの機器であればおよそ100〜200メートル程度になります。あなたはこの距離を見てどう思いますか?

1、もっと遠くまで距離が伸びればいいのに

2,えっ、こんなに近い距離で盗聴されているの??!

私は後者なのですが、前者と同じ考えだった方は今一度少し冷静になって今の自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか?大半の方は後者の考えだったと思いますが、実際ストーカー被害に遭っていてなおかつ盗聴までされていたらこれほど恐ろしいことはないですよね。ただでさえ極限の不快感なストーカー行為の上に、500メートルと離れていなし距離であなたの行動や言動を一字一句ニヤニヤと聞いているとすればこれほど気持ち悪いものはありません。

最近ではマルチタップ型の盗聴器はみな警戒心が強くなり比較的発見されやすくなりましたが、今ではネクタイのタイピンや万年筆の中に盗聴器が埋め込まれるなど手口が多様化してきています。このような盗聴器対策のためにも特設ページを記載していますのでご参考下さい。

                                                        >>盗聴器発見のために

免責事項
当サイト管理人は、本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとします。
当管理人は当管理人サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。「防犯カメラ・盗聴器検索.net」が紹介しているウェブサイトやなどの情報は、その内容について一切の保証を致しかねます。
また「防犯カメラ・盗聴器検索.net」の閲覧、情報の利用はすべて自己責任でお願いします.

注目サイト

オールアバウト
http://allabout.co.jp/
HOME 防犯カメラとは 盗聴器とは 近年の犯罪傾向 車上荒らし 盗聴器発見のために
防犯!!盗聴対策 セキュリティ会社とは 防犯に関する豆知識 利用規約 お奨めLINK集 お問い合わせ