防犯カメラ・盗聴器の総合情報サイトです。

防犯カメラ・盗聴器.net タイトル

盗聴器発見のために

今現在で盗聴器というのは年間あたりどのくらい販売されていると思いますか?

1000個でしょうか?それとも5000個でしょうか?

答えは年間当たり約10万とも20万個の販売があるとも言われているらしく、こういった種類の盗聴器などを購入していく無線マニアの数は数百万人単位で存在するとも言われており、ただ単に盗聴器を設置したものだけではなく、さらに第三者が私達の日常を垣間見た居る可能性があります。

盗聴器は過去の物ではやや大きく目立っていたのが実情ですが、現在では各部品の小型化に伴って小さい物ではボールペンやネクタイのタイピンにまで埋め込む事が可能となりました。その性能ですが、小さくなればなろほど性能が落ちる・・・というのは過去の話で今では通常の盗聴器にも負けないほど非常に高性能の盗聴器が数多くあります。尚、ネクタイのタイピンタイプの盗聴器などは相手と面と向かって使用する場合にはお互いが正面を向き合っている状況で使用すると正面から音声が拾えるために非常に高感度で正確な記憶を促進します。またボールペンタイプの盗聴器でも旨ポケットに差し込んでいると自然でありこれも正面から音声を拾うことが可能ですので大きな利点があります。しかしこれらの盗聴器は使用する側に大きなメリットが存在しても、盗聴される側としては不快極まりないです。そのような被害を受ける立場にならないためにもここでは盗聴器発見のためについて記載します。
まず、自宅ですぐに出来るチェック方法としては、FMラジオを用いる方法があります。これはFMラジオを通じて不正に発信されている電波をなた自身で周波数を遭わせることにより盗聴の有無を確認する方法です。これはダイアル式チャンネル合わせのラジオを一番低い周波数から徐々に高い周波数へと変化させながら、その音の変化を聞き取って探すことが出来ます。例えばその調査をするにあたって他の機器(テレビでも可)にて対象となる部屋にて常に音を発します。そしてその対象となる部屋の中で、先ほど説明したようにラジオをちょっとずつ合わせていくのです。もしラジオからあなたのテレビと全く同様の音声、タイミングで音が聞こえるのならばその部屋にはほぼ確実に盗聴器が設置されています。さらにその盗聴器を除去する場合は、ラジオのチャンネルを合わせたまま室内を移動ぢして音声がよりクリアに聞こえる箇所周辺が最も怪しいと見ていいでしょう。ちなみに室内に設置する場合は、最近ではぬいぐるみの中に埋めこまれた盗聴器や、マルチコンセント内部に盗聴器を加工している場合が多いです。また具体的な場所がなかなか特定できない場合は、最寄りの業者にて依頼する方が無難かもしれません。

 

免責事項
当サイト管理人は、本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとします。
当管理人は当管理人サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。「防犯カメラ・盗聴器検索.net」が紹介しているウェブサイトやなどの情報は、その内容について一切の保証を致しかねます。
また「防犯カメラ・盗聴器検索.net」の閲覧、情報の利用はすべて自己責任でお願いします.

HOME 防犯カメラとは 盗聴器とは 近年の犯罪傾向 車上荒らし 盗聴器発見のために
防犯!!盗聴対策 セキュリティ会社とは 防犯に関する豆知識 利用規約 お奨めLINK集 お問い合わせ