防犯カメラ・盗聴器の総合情報サイトです。

防犯カメラ・盗聴器.net タイトル

防犯カメラとは

みなさんは防犯カメラってご存じですか?防犯カメラに関しては詳しい人もそうでない人もいるかもしれません。職場やバイト先などで防犯カメラの映像や録画したテープの扱いをしたことのある方もいれば、専業主婦の方ならば防犯カメラのことはご存じでもその詳細までは知らない方が多いと思います。ここではその防犯カメラについて記載していきます。

現在では様々な場所で見かけることの多くなった防犯カメラですが、これは私達が想定している数よりも実際はさらに多いとされています。なぜならば、私達が普段コンビニで身か欠けるような防犯カメラは犯罪者の精神的な抑止効果もそなえた箇所にあえて堂々と設置してあるからこそ私達も防犯カメラを感じることが出来ます。しかしそれはあくまで抑止効果を踏まえた場合の防犯カメラであり、暗闇や物陰から365日一年中ずっと監視し続けている防犯カメラだってたくさんあります。これは敢えてその防犯カメラの姿を隠すことによって犯罪行為そのものを証拠として残すためのタイプです。何度も何度も泥棒に入られている家などはあからさまに防犯カメラを設置して泥棒に警戒させ避けてもらおうというのではなく、知らない間に犯行現場をしっかりと証拠として残しておき、きっちりと掴まえたいという方も多いと言います。

実際私達日本のみならず、犯人逮捕の協力などとして事件事故現場での防犯カメラ設置店舗などには映像の公開などがされています。そしてこれによって様々な凶悪犯罪者が逮捕されたのもまた事実なのです。

こんにちでは犯罪の多様化に伴って防犯カメラを設置する店舗や住宅、そして自治体が増えてきています。

沖縄県を例に挙げると沖縄県沖縄市コザでは外国人(主にアメリカ系軍人)異常なほど犯罪が多発しており、その周辺地域には電信柱のような茶色のポールがずらりと50メートル程度の感覚で立ち並び、そのポール丈夫には防犯カメラとサイレン、そして回転赤色灯が装備されています。もし万が一事件事故に巻き込まれそうになった場合にはポールに設置されているボタンを押せば先ほどの設備がフル回転されます。大きな通りに面したところなどならまだしも、一歩踏み込んだらだれもこないような箇所にまでこのポールが立っていると安心を通り越して、沖縄の米軍犯罪によってこのようにせざるを得ない状況に恐怖にすら感じてきます。交通事故にとどまらず今現在の犯罪の多発や凶暴化・無差別化など、防犯カメラは無くてはならないものですが、必要の無いような平和で温かな生活がをみんなが送るのが普通であり、逆にそれは最も難しい世の中になってしまったのかもしれませんね。

 

免責事項
当サイト管理人は、本サービスの各種情報の提供、遅滞、変更、中止、停止、もしくは廃止、その他にて発信されている情報などに関連して発生したお客様、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。また、本サービスのご利用は、全てお客様の責任において行われるものとします。
当管理人は当管理人サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等については、一切の責任を負わないものとします。リンク先のウェブサイトは、そのウェブサイトが掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。「防犯カメラ・盗聴器検索.net」が紹介しているウェブサイトやなどの情報は、その内容について一切の保証を致しかねます。
また「防犯カメラ・盗聴器検索.net」の閲覧、情報の利用はすべて自己責任でお願いします.

HOME 防犯カメラとは 盗聴器とは 近年の犯罪傾向 車上荒らし 盗聴器発見のために
防犯!!盗聴対策 セキュリティ会社とは 防犯に関する豆知識 利用規約 お奨めLINK集 お問い合わせ